セックスしたい弟と喧嘩して家出した私は風俗嬢です

援助交際とは……。

夜の繁華街で男女間で始まる行為であり、夜の繁華街で手当たり次第に声をかけまくる女性、夜の繁華街で女の子に声をかけられるのを楽しみに待っている男性……夜の繁華街は、様々な人間によってドラマが生みだされています。

そこには人の悲しみや怒り、寂しさと痛み、そして一時の快楽といった様々な感情や情動が生じているのです。

そんな夜の繁華街で私たちの知らないうちにひっそりと行われている行為が援助交際……所謂援交という行為です。

それは、男性からすればお金にも人の心にも飢えた哀れな売春婦が、決して多くはない金銭を得るために自分に擦り寄ってくる気持ちの悪い行為かもしれませんし、その気はないのに女が擦り寄ってくるからとても鬱陶しいかもしれません。

それは、女性からすれば過去の痛みをどうにかして誤魔化すためにとったやけくその行為かもしれないです。

また、遊ぶ金が欲しくて好きで援助交際をしているのかもしれませんし、親の借金を返すためなどの比較的どうしようもないどうにもならない理由でお金が欲しいためにしている行為なのかもしれません。

男が感じている、気持ちよくなりたい、寂しさを解消したい、不満をぶつけたい、性欲を発散したい、という様々な欲求から、女性の抱えている事情によるセンチメンタルな気持ちまで全てを包括しているのが援助交際です。

それは、甘く苦く、甘酸っぱくてときには爽やかな気分にさせてくれるような、そんなことなのです。

そ子には決して愛などなく、お互いにただ自分の思惑を成し遂げたいと思っているだけです。

愛のないセックスをすることによって安いお金を稼ぐ、売春行為は基本的に全てそういうものなのですが、それを個人間で管理してやっているのが、援助交際です。

援助交際相手も自分で見つけなければいけませんから、なかなか骨が折れるのですが、この援助交際というものは決してすたれることなく現在も続いています。

援交相手は一体どこで見つけるのが良いのでしょうか。

そう、出会い系サイトで探しているのです。

夜の繁華街で探す

これが真っ先に思いつくようなとても一般的な方法ですよね。

援助交際と言えば夜の繁華街だ、夜の帳に包まれた街でホテルの下あたりにいれば援助交際希望の女性が勝手に近づいてきてくれる……なんて思ったら間違いです。

確かに夜の繁華街で探すというのは一見良い案のように思えますが、それはある程度自分の容姿に清潔感があり、ある程度容姿が整っていることが条件なのです。

あまり自分の容姿に自信が無い人が夜の繁華街で援助交際女性を探すとなると少し苦労しそうな面がありますね。

援交する人が大勢いる場所

また、援交をしているような人が大勢いそうな場所って一体どこでしょうね。

どこに行けば援交を目的としている女性と出会えるのでしょうか。

繁華街・ホテル街で見つけるという方法が愚策だとわかった今、というかリアルで探すのが愚策だとわかった今、一体どこで出会うのが一番手っ取り早いのでしょうか。

黒髪で清楚な真奈美とのSEXは凄いんです

私は男性と関係をそろそろ打ち切ろうと思っていたときに、全然生理がこないことを知りました。

さすがに2ヶ月も遅れるのはないだろうと思い、もしかしてと思って薬局へ行き妊娠検査薬を購入しました。

そしてある公衆トイレでやってみると、妊娠していることがわかりました。

ここ最近一人の男性としかしていないことは私自身が一番わかっていたので、その男性にすぐ連絡を入れて妊娠したということを会った時に報告すると困った顔をしていました。

それはそうですよね。

結婚して子供もいて幸せな家庭を持っているなかで、出会い系サイトで知り合った女性を妊娠させてしまったら修羅場が出てくるのは当然です。

そして「お金を渡すからおろしてほしい」と言われました。

私は最初からわかっていたので男性に「わかった」と言ってその日はさよならしました。

お金の準備が出来たら連絡するといわれて2ヶ月たっても連絡が来ませんでした。

もしかして逃げられたのではないかと思い連絡をしてみると「現在使われておりません」となり、私は頭が真っ白になりました。

逃げられた!とすぐにわかりましたね。

おろすお金も10万以上かかりますから、私はどうしようかと思いました。

男性から支援してもらったお金はブランド物を購入したりして手持ちは0円でした。

このブランドものを売るしかないと思い、私はすべて質屋に持っていき売ることにしたのです!

足りない分は親に肩代わりしてもらっておろすことになったのです。

おろしたことは今でも後悔しています。

親にちゃんと話しておろさずに助けてもらいながら子育てをすればよかったなと。

自分の過ちを悔やんでいます。

お腹にできたことは何一つ悪いことをしていないのに、私の身勝手さで殺してしまったことを毎日悔やんでいます。

でもあの時は若くてどうすることもできないし、選択肢は一つしかなかったんですよ。

親にも今更なが話したのですが、そのときのことをずっと悔やんでいても仕方ないといわれました。

確かにそうだと思います。

でもこれは結婚したとしても新しく子供ができたとしても一生自分の中で後悔することになるんだろうなぁと思いました。

出会い系サイトで援助交際をしている人って今でもいると思うのですが、絶対に後悔しないよう自分でよく考えて相手と交際してくださいね。

妊娠なんてしても相手が独身者ならまだ結婚とか見込があるかもしれませんが、既婚者だと一人で悩みを抱えないといけなくなってしまいますからね。

セフレの七海との出会いはバス停でナンパでした

みなさんは人生で最悪な思い出ってありますか?

私にはあります。

今でも思い出したくないような思い出ですね。

もとはといえば私が悪いのですが、でもこれも仕方ないことですし、一生背負っていかないといけない悩みでもあります。

実は私19歳の時に妊娠の経験があるのです。

今は24歳ですが、産んでいたら5歳の子供がいたということになりますね。

でもこの世に赤ちゃんは存在していません。

私は19歳の時におろすしか方法がなかったのです。

一人で育てることもできたかもしれません。

でも父親がいないのは絶対に嫌だと思っていましたし、父親になろうとしてくれる人なんて私にはいませんでした。

じゃあその子供は誰の子?って思いますよね。

出会い系サイトで知り合った男性だったのです。

その話をしたいと思います。

私は19歳の時チャラチャラしていました。

友達と夜中まで遊び老けたり、お酒も堂々と19歳で飲んでしまっていた時代があります。

タバコも決して好きではないのですが、周りが吸っているかた影響されて格好つけて吸っていた時代です。

出会い系サイトを友達がやってお金を稼ぐことができるということだったので、私もさすがに親からお金をもらっているのは申し訳ないし、家出も繰り返していたので一人でなんとかしないといけないと思っていました。

普通のアルバイトをすれば済む話ですが、基本的に友達とあそぶ時間を優先したかったので、この方法しかない!と思って友達に出会い系サイトを紹介してもらってやってみる事にしたのです。

そしてある男性と出会いました。

その男性は35歳で既婚者の方で顔はまぁまぁイケメンですね。

普通のサラリーマンをしているので、お金なんて持っていないだろうと思いました。

ホテルに行ってセックスをして2万円もらうことができてラッキーなんてその当時は思っていたんですよ。

たった一回の過ちで人生が崩れてしまうというのはこうゆうことなんだと思います。

私はその男性と関係を持ちました。

相手は既婚者なので夜も数時間しか会いません。

会ったとしてもホテルに行ってセックスをするだけ!

ゴムを付けてセックスをする日もあれば、ゴムを忘れた日は生でセックスすることもあります。

でも外だししているし、今まで付き合った男性やセフレとも生でセックスをしたことがありますが、全部外に出してもらっていましたし妊娠したことは一切ありませんでした。

だから今回も大丈夫だろうと思ってゴムを忘れたときは生だったんですよ。

でもそれがいけなかったんですよね。